八王子の調剤薬局、下島調剤薬局は、地域の方の健康を支える街のかかりつけ薬局を目指しております。

0426228304 営業時間 9:00~12:00/15:00~19:00 定休 水・日・祝
在宅医療について 薬剤師が在宅医療に加わることでもっと自宅で安心

在宅医療について

薬剤師が
在宅医療に加わることで
もっと自宅で安心。

在宅医療では、薬剤師は医師や看護師、ケアマネージャー、ケアワーカーなどとも協力して、チームで患者さんの在宅医療・介護をより安心感のあるものにしていきます。薬の専門家である薬剤師が在宅医療に加わり、薬に関する疑問・不安・悩みに対応することで、患者さんやご家族の負担や不安を和らげることができます。どんな些細なことでも気になることは遠慮なくご相談ください。

 

在宅医療における薬剤師の役割とは

下島調剤薬局の在宅医療
私たちは、周辺地域のご自宅を始め、各施設への在宅医療へ積極的に参加します。
私たちの在宅医療のテーマは「生活総合支援」です。
在宅医療チームへの積極的な参加と役割の遂行はもちろんのこと、患者さんやその家族の生活を総合的に支援することを視野に入れ、医療や介護以外の生活部分の問題にもできることをしています。例えば、認知症に関する啓もう活動や相続の問題に対応できる弁護士のご紹介もその一環です。
医療や介護の部分は患者さんやその家族にとって、生活に占める割合は大きくあっても一部であり、その前後には日常の営みがあると考えます。
その日常の営みを途絶えさせないように、できることをしてきたい、そんな思いから「生活総合支援」を視野にいれた在宅医療を提供していきたいと思っています。

下島調剤薬局の在宅医療

在宅医療における薬剤師の役割とは
以前の在宅医療は、入院や外来の代わりという認識で、処方せんは今まで通りに出され、薬は調剤薬局で受け取るものという認識もあり、一般的に在宅医療に薬剤師が介入するイメージがありませんでした。
しかし、医師や看護師は医療のスペシャリストではあるものの、薬の専門家ではなく、同様に在宅患者さんを支えているケアワーカーやケアマネージャーも、薬に関する知識を持っていません。
そこで、薬剤師が薬の専門家として在宅医療に介入して、薬についての的確な管理とアドバイスを行い、訪問医や訪問看護師、ケアワーカー・ケアマネージャーなどと一緒にコミュニケーションをとることで、患者さんやその家族へより高いQOL(※)を提供できるようになります。

また、今までの実質的に服薬指導や薬剤管理を行っていた看護師への負担を減らすことが期待され、医師が対応していた患者さんからの薬に関する相談も、もちろん薬剤師が担当することで、薬学的管理指導に基づく状態の確認とフィードバック、療養状態に応じた用法・用量の調整や処方変更の提案などを行うことが、在宅医療における薬剤師の役割です。
(※QOL:Quality Of Life=生活の質)

こういったことでお悩みではありませんか?

こんなときに在宅医療

 

薬局まで行くのがつらい

通院や来局に介助が必要な患者さんのご自宅に薬剤師が訪問します。ご本人や付き添うご家族の負担も軽くすることができます。

 

薬が飲みにくくなってきた

服用するための補助ゼリーを使ったり、大きなカプセルから粉末状の薬へなど、薬の形状の変更を医師に提案したり、飲み込みやすくする工夫をします。

 

薬を飲み忘れてしまう

日付や曜日、タイミングごとにお薬カレンダーにセットをして、訪問時には一緒に飲み忘れの有無を確認していくなど、飲み忘れがないよう、お手伝いします。

CASE 01

一人暮らしで、つい薬を
飲み忘れてしまうんです・・・。

一人暮らしで介護サービスを利用中の80代男性。病院で受け取った処方せんを薬局に出すことや、もらった薬をきちんと服用できず、つい飲み忘れてしまうことなどがありました。
そのことで担当のケアマネージャーから薬局に、認知機能の低下による服薬相談があり、薬剤師訪問サービスをご利用いただくことになりました。
薬剤師はご自宅へ2週間おきに訪問し、お薬カレンダーを1週間分セット。いつどの薬を飲むのか、わかりやすくします。薬剤師がセットして1週間経ったら、もう1週間分はご自身で薬をセットしてもらいます。もし飲み忘れがあったら、次回訪問時に一緒に確認します。今では飲み忘れが少なくなり、薬の副作用や心配なことも相談してもらえるようになりました。

 

CASE 02

薬がたくさんあって、何が何だか
よくわからないんです・・・。

夫婦で暮らしている90代女性。患者さんも旦那さんも同じく90代で、認知機能は問題ありませんでしたが身体的に通院が厳しくなってきたことをきっかけに、薬剤師訪問サービスをご利用いただくことになりました。初回ご自宅に訪問した際、残っている薬を確認したところ、何種類ものPTP包装(※)の薬があちらこちらに残っており、「何の薬が残っているかわからない」とのことでした。
「今まで大変でしたね」とご本人たちに声をかけて、処方医などと連絡を取りながら、残薬の確認と一包化、服薬カレンダーの設置をして、再度服薬指導を行ったことろ、服薬状況も改善し、飲みにくい薬や夫婦で薬を間違えない工夫について相談してもらえるようになりました。
(※PTP包装:錠剤やカプセルなどを押し出すタイプのプラスチック包装)

 

在宅医療に関する よくあるご質問

  • 薬剤師の訪問サービスはどうやったらお願いできますか?

    医師からの指示が必要となります。かかりつけの医師、薬剤師、ケアマネージャーなどにご相談ください。なお、薬剤師の訪問サービスを専門用語では「訪問薬剤管理指導」と呼んでいます。

  • 訪問薬剤管理指導はどういう手続きが必要ですか?

    大まかな手続きからご精算までの流れは下記の通りです。
    ①訪問薬剤管理指導をご利用できる条件を確認します。(医師の訪問指示等)
    ②医療保険証と介護保険証を確認します。
    ③内容のご説明とご確認をいただき、ご契約・ご同意をお願いします。
    ④訪問薬剤管理指導(薬剤の交付と服薬管理指導・服薬支援)を行い、ご精算します。
    ※ご精算は保険の種類等によって異なります。

  • 費用はどのくらいかかりますか?

    かかる費用はお持ちの保険の種類やお薬の種類によって異なります。お薬代の他に下記の費用がかかります。(右表)

    ※麻薬管理が必要な方は、上記料金に1割負担の方100円、3割負担の方300円が加算されます。
    ※薬局からの距離により別途交通費をいただく場合もございます。

      ご自宅 施設
    介護保険を
    ご利用の方
    1割負担   503円
    2割負担 1,006円
    1割負担 352円
    2割負担 704円
    介護保険を
    ご利用でない方
    (医療保険)
    1割負担   650円
    3割負担 1,950円
    1割負担 300円
    3割負担 900円
  • 介護保険と一緒に使用することはできますか?

    使用できます。介護保険をご使用の場合はケアプランに含まれませんので、他の介護サービスには影響は与えません。
    ※但し、介護保険と医療保険は、原則同時に同じサービスを利用することができませんので、その他介護サービス等についてはご注意ください。